FX法人口座でオススメの業者

法人口座で人気のFX業者

法人口座でFX業者を決めるポイントとは?

 

FXの法人用口座を用意している業者は日本国内だけでも多数存在しています。ご存知の通り、FXの個人口座においては規制によってレバレッジが最大25倍までと制限されています。

 

しかし、法人口座は個人口座より制限されているレバレッジが高いし、税制面でも(多少は)有利です。そのため、高レバレッジでリスクは高くなりますが、その分ハイリターンが期待できるので、今、注目を集め始めています。

 

法人口座がある業者を選ぶポイントというのは、基本的には個人口座を選ぶのと同じです。スプレッド、最大レバレッジ、約定力の3つをよく確認しておきましょう。一般的に人気のある業者や投資目的に合致したサービスが強い業者もいいですね。当サイトでは総合的に法人口座を比較し、人気のあるオススメのFX業者を紹介します。

 

法人口座が人気のオススメFX業者はここだ!

 

業者名 最大レバレッジ 口座の特徴
GMOクリック証券 200倍 GMOクリック証券の法人口座は最大200倍のレバレッジがかけられる上、スプレッドも業界内トップクラスです。取引ツールも使いやすく、効率的にハイリターンが狙えます。
ヒロセ通商 300倍 ヒロセ通商が提供するLION FXの法人口座は最大300倍のレバレッジです。低スプレッドに加え、通貨ペアも50通貨と豊富です。
DMM FX 25倍 DMM FX(DMM.com証券)は国内口座数第1位の安心のFX業者です。※

全20通貨ペアは低スプレッド。信頼の高い取引ツールを使って投資が可能です。
※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)

外為ジャパン 100倍 外為ジャパンのレバレッジは最大100倍。スプレッド狭さ、各種手数料無料、1000通貨と少ない予算でも大きな利益を狙えるのが魅力です。
FXトレード・フィナンシャル 200倍 FXトレード・フィナンシャルは最大200倍のレバレッジで、「高速FX」や「FXTF MT4」、自動売買の「FXTF ミラートレーダー」のサービスが利用可能です。
外為オンライン 200倍 外為オンラインのレバレッジは最大200倍ですが、24の豊富な通貨ペアという選択肢の多さに加え、徹底したサポートと情報コンテンツが提供されます。
ひまわり証券 200倍 ひまわり証券の法人口座のレバレッジは最大で200倍です。優れたサーバー力で、約定率が非常に高く、思ったレートですぐに取引可能です。自動売買もできるところは魅力です。
アイネットFX 200倍 アイネットFXでは28種類の通貨ペアで、レバレッジを最大200倍かけられることが魅力です。信託保全も問題なく、各種取引手数料も無料です。
みんなのFX 400倍 みんなのFXのレバレッジはなんと400倍。取引ツールが少々使いにくいのがデメリット。ただし法人口座でも1000通貨から取り引きできるので、約500円程度の少額資金でも始めらるのがメリットか。
セントラル短資FX 100倍 セントラル短資FXはレバレッジが100倍程度と、他社の法人口座と比べて小さいですが、「FXダイレクトプラス」と自動売買の「セントラルミラートレーダー」が利用可能です。

 

FX口座のレバレッジについて

FXの取り引きを法人口座で行う

FXの口座というのは、個人口座の場合はレバレッジが最大で25倍までと決まっているのですが、法人口座の場合はその制限がありません。そのため、少ない資金で運用を効率的に行うことが出来るのです。中にはレバレッジが400倍と個人口座とは比べ物にならないくらいのものもあるようです。

 

FX口座に設けられているレバレッジというものは一体どういったものなのでしょうか?個人口座ではレバレッジが最大25倍と決められているのですが、米ドル/日本円ペアで考えて100円のときに最大25倍の設定として考えて説明をしていきたいと思います。

 

この場合、1万通貨では4万円、10万通貨だと40万円の資金が必要になってきます。FXの口座に個人の方が預金されている額の平均は20〜30万円と言われていることから、40万円の資金というのがかなり大きいと言えるでしょう。

 

10万通貨の取り引きというのは、個人で行うFXの取引ではかなり大きな取り引きと言えるでしょう。法人口座ではレバレッジの制限がありませんので、300倍の設定だと1万通貨で3000円、10万通貨で3万円の資金しか必要がありませんので、小額の資金で効率よくFXの取り引きを行うことが出来るのです。

 

税制優遇を受けられる法人講座

法人口座でFXの取り引きを行うと、税制優遇も受けることが出来るのです。この税制優遇の内容というのは、最長で9年間は損失額を繰り越すことが出来ることなのです。普通であれば前年に損失が出て今年は利益が出たとしたら、今年に出した利益分を申告する必要があるのですが、税制優遇を受けると前年の損失を差し引きして残った利益分だけを申告すればいいことになるのです。

 

また、FXの取り引きに使用した費用というのは経費として全て請求をすることが可能で、税金対策としても非常に役に立つのです。FXの取り引きに欠かせないパソコンやソフト、参考書などの代金というのは、全て経費としてみなされます。FXの個人口座と法人口座ではこのようにさまざまな差があるのです。

 

FX業者を見極める手段のスプレッドとは
法人口座の開設時はスプレッド幅に注目を!

FXの取り引きというのは、オンラインのFX業者が取り扱う口座を利用するというのが一般的です。FXの取り引きというのは個人・法人問わずかなり増えてきており、FX業者の数も日本国内だけでもかなりの数になっています。どのFX業者を利用して口座を開設すればいいか迷われる方も多いと思います。迷ったときに注目をすることそれはスプレッドの幅なのです。スプレッドの幅によって利益の額が大きく変わってきますので、出来るだけスプレッドの幅が狭いFX業者を選ぶようにした方が賢いでしょう。

 

大きな額のFX取り引きを行う法人が口座開設を行う場合は、スプレッドの幅が少し違うだけでかなりの利益の差が出てきますので、法人の場合は特にスプレッドの幅を気にしなければなりません。

 

スプレッド幅が狭い日本のFX業者

スプレッド幅が狭い方が出た利益を無駄にすることがないと言われているため、FXの口座開設を行う場合は出来るだけスプレッド幅が狭い業者を選ぶことを勧めています。日本のFX業者というのは、近年どんどんと数が増えてきているため、大口の取り引きを行う法人の口座開設数を増やそうと、さまざまな工夫を行っています。その1つがスプレッド幅の狭さなのです。

 

日本のFX業者は、米ドル/日本円だとスプレッド幅を1銭未満に設定しているところがほとんどです。FXの取り引きを法人で行う場合、大きな額の取り引きになりますので、スプレッドの幅によって出る利益や損益の差というのがとても大きくなります。日本のFX業者は、スプレッド幅が狭いものが多いので、安心をして法人口座の開設も出来るでしょう。

 

法人口座で人気のFX業者



GMOクリック証券
FX取引高世界No.1の実力

驚きの低スプレッドだから低コストで取引

高いスワップポイントに満足

高性能の取引ツールはモバイルも充実

公式サイトへ

DMM FX
抜群の操作性で豊富な取引ツール

早くて便利なクイック入金サービスにも対応

全20通貨ペアが最狭水準で取引できる

24時間電話とメールで安心サポート

公式サイトへ

ヒロセ通商 LION FX
10年間の信頼と実績が魅力

世界最速水準の約定スピード

1000通貨取引で手数料も完全無料

モバイルでの取引環境も充実

公式サイトへ

外為オンライン
使いやすい取引システムが人気

簡単なのに高性能な取引システムの数々

無料のデモ口座で使いやすさを判定できる

信託保全がしっかりしているから安心

公式サイトへ

YJFX!
最短5分でできる無料口座開設

スマホアプリがサクサクで使いやすい!!

全通貨ペアはスプレッド最狭水準で配信

全額信託保全だから安心

公式サイトへ


このページの先頭へ戻る